プロフィール

河西邦人

Author:河西邦人
札幌学院大学教授。企業経営から地域経営までをカバーする。北海道公益認定等審議会会長、北海道地域雇用戦略会議メンバー、北海道コミュニティビジネス・ソーシャルビジネス協議会会長、江別市、北広島市、夕張市、石狩市、積丹町、ニセコ町等のまちづくりアドバイザー、各種起業講座や経営講座の講師など公的活動を行っている。北海道NPOバンク理事を通じた社会活動にも従事。著書として、『コミュニティ・ビジネスの豊かな展開』(監修)、『NPOが北海道を変えた。』(分担執筆)、『ソーシャルキャピタルの醸成と地域力の向上』(共著)、『ドラマで学ぶ経営学入門』(単著)がある。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「私を旅館に連れてって」第2話のあらすじと経営的視点

1 「っていうか大失敗」
 旅館の女将になることを決心した笹野倫子だが、従業員は篠田太一、園部初恵、千葉由幸、殿山元しかいない。そこへ黒沼の陰謀で使えなさそうな加賀屋学と、1泊5,000円で40名の団体まで押しつけられる。そして倫子の友人である衛藤なぎさが借金取りに追われて逃げてくる。
 花壱に宿泊している客、勅使河原史子はかつて外資系ホテルの副総支配人として活躍した人物と知り、倫子はどうしたら良いか、アドバイスを求める。勅使河原はこの旅館をあえて選ぶ理由が見つからない、と言われ、倫子は悩む。
 1泊5,000円ゆえに食事の原価を800円に抑えるよう、倫子は篠田に伝えるが、そんな料理を作るくらいなら、この旅館を辞めると言われる。40名の団体客がやってきて、従業員はその対応に追われる。義理の娘、志保に言われ、篠田が一流の懐石料理職人と知る。倫子は食事を花壱の目玉にしようと考え、篠田が満足できるよう1,500円の原価をかけて料理を作ってもらう。

 ところが、千葉がなぎさへセクハラをする客と喧嘩し、客は怒って翌日の宿泊をキャンセルしてしまう。客もせっかくの料理を残してしまう。お客が来れば来るほど、損してしまう状況に、従業員もあきれ顔だ。倫子は素直に謝るが、その時、団体客の一人から家族旅行での宿泊予約が入る。一筋の希望が見えた倫子へ勅使河原は「私もゲームに加わるは」と言う。
スポンサーサイト

テーマ : 企業経営 - ジャンル : ビジネス

<< 黒川温泉、成功の秘訣① | ホーム | 「私を旅館に連れてって」第1話のあらすじと経営的視点 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。