プロフィール

河西邦人

Author:河西邦人
札幌学院大学教授。企業経営から地域経営までをカバーする。北海道公益認定等審議会会長、北海道地域雇用戦略会議メンバー、北海道コミュニティビジネス・ソーシャルビジネス協議会会長、江別市、北広島市、夕張市、石狩市、積丹町、ニセコ町等のまちづくりアドバイザー、各種起業講座や経営講座の講師など公的活動を行っている。北海道NPOバンク理事を通じた社会活動にも従事。著書として、『コミュニティ・ビジネスの豊かな展開』(監修)、『NPOが北海道を変えた。』(分担執筆)、『ソーシャルキャピタルの醸成と地域力の向上』(共著)、『ドラマで学ぶ経営学入門』(単著)がある。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「孤独の賭け」第7話のあらすじと経営的視点

1 「愛する為の裏切り」
 東野会長の秘書である氷室が東野会長から用立て、乾百子へ貸した金を百子は東野会長へ返す。百子は東野会長へ、千種のビジネスパートナーとして自分を認めて欲しいと願う。一方、千種は東野会長の支配から逃れるため、妻の寿都子に彼女の愛人である宮田の紹介で米国のファンドをカジノ事業へ引き込むことに成功した。千種は東野会長が外資導入に反対したら、東野恒産と手を切る覚悟をした。

 百子はコレクションの準備で多忙だが、フェリーネの前のオーナーの妨害で、会場を借りられなくなってしまう。百子の片腕である信子が美香と店の売り上げがなくなった件でトラブルになり、従姉妹の美香は信子が前オーナーとクラブで密会していたことを暴露する。百子は信子に不信感を持つ。百子は千種に会いに行くが、千種は外資導入のためにニューヨークへ飛んでいた。自分には何も知らせず行動している千種との関係に百子は失望し、東野会長から融資を受けてしまう。
 ニューヨークから戻った千種は百子に会うが、貸した金を百子が返済すると言い、驚く。東野会長から逃れて自立しようとする千種と同様に、百子は千種から逃れ、自立しようとしているのである。

2 経営的視点「影響力の排除」
 経営学の視点に、重要な経営資源を依存している相手に対して、弱い立場になる、というものがあります。これは人間関係でも同じであり、理解しやすいと思います。
 千種インターナショナルは、カジノ事業に必要な資金を東野恒産から借り入れているため、東野恒産の意向を無視できません。東野恒産の意向を無視すれば、資金を引き揚げられてしまい、カジノ事業を推進できなくなってしまうからです。この関係を変えようとすれば、東野恒産に依存している経営資源を、他の企業、米国ファンドへの依存に変え、東野恒産と米国ファンドをうまく競わせて、千種インターナショナルが自立的にビジネスをできるようにするのが千種の戦略です。
 そうした経営的視点以外に、子供が親から自立したいと本能的に思うように、千種は東野会長から自立したいと思っているのでしょう。百子が千種に思うことと同様に。
スポンサーサイト

テーマ : 企業経営 - ジャンル : ビジネス

<< 事業所内の盗難疑惑に対する管理者の対応 | ホーム | 「孤独の賭け」第6話のあらすじと経営的視点 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


孤独の賭けの最新情報!

このドラマがすごい!気になる最新情報を紹介します!「孤独の賭け」第6話のあらすじと経営的視点1 「牙を抜かれた野獣」 千種から任されたバー「フェリーネ」へ東野会長から高額な絵画が開店祝いとして乾百子へ届けられた。


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。