プロフィール

河西邦人

Author:河西邦人
札幌学院大学教授。企業経営から地域経営までをカバーする。北海道公益認定等審議会会長、北海道地域雇用戦略会議メンバー、北海道コミュニティビジネス・ソーシャルビジネス協議会会長、江別市、北広島市、夕張市、石狩市、積丹町、ニセコ町等のまちづくりアドバイザー、各種起業講座や経営講座の講師など公的活動を行っている。北海道NPOバンク理事を通じた社会活動にも従事。著書として、『コミュニティ・ビジネスの豊かな展開』(監修)、『NPOが北海道を変えた。』(分担執筆)、『ソーシャルキャピタルの醸成と地域力の向上』(共著)、『ドラマで学ぶ経営学入門』(単著)がある。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「孤独の賭け」第4話のあらすじと経営的視点

1 あらすじ
 千種梯二郎からお金を借り、乾百子は親と兄の仇を討つため、福島県小名浜にある叔父一家の家と土地を買収した。そして、病床に臥している叔父を責め立て、翌日、叔父は亡くなった。復讐を終えた百子はむなしい気持ちになるが、叔父の娘の美香から恨まれる。
 一方、フェリーネの買収が終了し、百子が経営を行うものの、これまでの負債の支払いに追われ、経営が厳しい。新しいコレクションで新生フェリーネをアピールするため、百子と友人の森信子は準備を始める。
 大垣副総裁夫人から高値で買い取らされた人気のバー、レギャンを千種は百子に任せようとした。フェリーネの再建に取り組んでいた百子は断るが、融資を受けていた弱みもあって、レギャンの雇われ経営者になる。百子の幼なじみで、百子をずっと支援してきた大学講師の蒔田二郎はバーテンダーをして、手伝ってくれることになった。
 千種が百子のためにフェリーネと小名浜の不動産を買収するための融資をし、レギャンを買い取って百子に経営を任せたことに、東野東野恒産会長は千種に対して強い口調で百子と手を切れと警告する。

2 経営的視点「ファッション企業の経営再建」
 デザイナーの百子にとって、フェリーネの経営者になることは夢であり、それを実現したことでフェリーネ再建にやる気を出しています。しかし、ブランドが陳腐化したファッション企業の再建は大変です。こうしたファッション企業の再建はいくつかのポイントがあります。

①デザインの一新
 フェリーネは古くからの顧客はいるものの、デザインは今の時流に合わなくなっていたようです。もっと新しいデザイントレンドを取り入れたい百子とオーナーはぶつかり合っていました。今回、百子がオーナー兼経営者になったことで、デザインの一新を行うことが可能になりました。コレクションでまず、新生フェリーネのイメージを変えようとしています。
 デザインの一新によるブランド革新は避けて通れない道ですが、既存の顧客の離反は招きかねません。例えば、フェリーネに新たなブランドを立ち上げ、フェリーネは既存顧客を満足させる保守的デザイン。新ブランドは革新的なデザインで棲み分けさせる方法もあったかもしれません。百子はフェリーネ自体のデザインを革新する戦略を選びました。
 ブランドイメージの刷新を狙うため、デザイナーの百子を前面に打ち出していくのも良いかもしれません。

②マーケティング戦略の再考
 デザインを一新するのであれば、ターゲット顧客、価格、コミュニケーション方法を変えることも同時にした方が良いです。ターゲット顧客はより若い年齢層の女性とするだけでなく、大手企業に勤め、経済的に恵まれている20代後半のOLといったような具体的イメージを持つ方が、ニーズを反映するだけでなく、効果的なマーケティングを行いやすくします。
 以前のフェリーネは有閑マダムが購入する服という価格だったようですが、より若い人たちへの販売を考えれば、価格帯を下げた方が良いでしょう。コミュニケーションの方法はネット(携帯電話も含む)を使いこなす世代ですから、ブログなどのバズマーケティングを考えても良いでしょう。
スポンサーサイト

テーマ : 企業経営 - ジャンル : ビジネス

<< ソムリエ佐藤陽一氏のおもてなし | ホーム | お金の盗難に夏美はどう対応したら良かったか? >>


コメント

お久しぶりです☆

すごいのみつけましたよ♪
http://jeeee.net/url/13750.html

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


経営者 責任

「孤独の賭け」第4話のあらすじと経営的視点フェリーネの再建に取り組んでいた百子は断るが、融資を受けていた弱みもあって、レギャンの雇われ経営者になる。百子の幼なじみで、百子をずっと支援してきた大学講師の蒔田二郎はバーテンダーをして、手伝ってくれることになっ


孤独の賭けの最新情報!

このドラマがすごい!気になる最新情報を紹介します!「孤独の賭け」第4話のあらすじと経営的視点1 あらすじ 千種梯二郎からお金を借り、乾百子は親と兄の仇を討つため、福島県小名浜にある叔父一家の家と土地を買収した。そして


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。