プロフィール

河西邦人

Author:河西邦人
札幌学院大学教授。企業経営から地域経営までをカバーする。北海道公益認定等審議会会長、北海道地域雇用戦略会議メンバー、北海道コミュニティビジネス・ソーシャルビジネス協議会会長、江別市、北広島市、夕張市、石狩市、積丹町、ニセコ町等のまちづくりアドバイザー、各種起業講座や経営講座の講師など公的活動を行っている。北海道NPOバンク理事を通じた社会活動にも従事。著書として、『コミュニティ・ビジネスの豊かな展開』(監修)、『NPOが北海道を変えた。』(分担執筆)、『ソーシャルキャピタルの醸成と地域力の向上』(共著)、『ドラマで学ぶ経営学入門』(単著)がある。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ホテリアー」第3話のあらすじと経営的視点

1 あらすじ
 北野みつ子社長の息子、洋介が起こした不祥事を解決した緒方総支配人への信頼は、社長と従業員から高まった。一方、水沢は小田桐へ積極的にアタックする。緒方総支配人を慕う小田桐は水沢の好意に対して複雑な気持ちだ。
 森本あかねは父である森本大日東開発会長への不満から家を出て、好意を持つ緒方がいる東京オーシャンホテルで働くことになった。あかねはホテルを出かける水沢を見かけ、水沢は父が雇った東京オーシャンホテル買収のコンサルタントだということを思い出し、緒方に知らせる。その話を聞いた小田桐は水沢へ単刀直入に「東京オーシャンホテルを買収しに来たんですか?私を利用しようとしたんですか?」と尋ねた。水沢は小田桐に「信じて欲しい」と答えた。

2 買収の準備
 東京オーシャンホテルを買収しようとしている側の水沢と、そのパートナーである弁護士のエドワード・キクチが、東京オーシャンホテルのスイートルームに宿泊しています。彼らは何をしているのでしょうか。
 企業の買収に当たって、まず買収する企業の価値を算定し、適切な買収価格を決めなくてはなりません。企業の価値は貸借対照表上の価値だけでなく、施設の痛み具合や管理状況を確認した上で資産価値を計算しなおします。また、ホテルの客入りと客筋、サービスのオペレーションと内容を見て、現在の経営の課題を抽出し、解決策を考え、将来の事業収益を予測します。こういった買収に当たっての評価を「デュー・ディリジェンス」と呼びます。
 デューディリジェンスをして適切な買収価格を決め、その後、上場会社なら株式を証券市場から買い集めていきます。また主要株主から株を買い取る約束を取り付けていきます。
 水沢とキクチは部屋をあまり出ないことから、資産価値の計算、法律上の問題点の確認、事業計画書の策定をしているのかもしれません。出かける先は主要株主でしょう。たった二人で東京オーシャンホテルを買収するとなれば、ホテルの従業員に恋をしている暇があるのでしょうか。
スポンサーサイト

テーマ : 企業経営 - ジャンル : ビジネス

<< 「どんど晴れ」第9週のあらすじと経営的視点 | ホーム | 「孤独の賭け」第1話のあらすじと経営的視点 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。