プロフィール

河西邦人

Author:河西邦人
札幌学院大学教授。企業経営から地域経営までをカバーする。北海道公益認定等審議会会長、北海道地域雇用戦略会議メンバー、北海道コミュニティビジネス・ソーシャルビジネス協議会会長、江別市、北広島市、夕張市、石狩市、積丹町、ニセコ町等のまちづくりアドバイザー、各種起業講座や経営講座の講師など公的活動を行っている。北海道NPOバンク理事を通じた社会活動にも従事。著書として、『コミュニティ・ビジネスの豊かな展開』(監修)、『NPOが北海道を変えた。』(分担執筆)、『ソーシャルキャピタルの醸成と地域力の向上』(共著)、『ドラマで学ぶ経営学入門』(単著)がある。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「孤独の賭け」第1話のあらすじと経営的視点

1 「愛と金と欲望」
 千種インターナショナル社長の千種は、不幸な過去をおのともせずに、飲食業界で起業し、成功を収め、カリスマ経営者と名高い。乾百子は女優が経営するブランド「フェリーネ」のデザイナーとして安月給で働いている。ある日、乾は高級外車のメルセデスベンツのマイバッハに轢かれそうになる。マイバッハに乗っていたのが千種だった。
 乾が雇われているフェリーネが経営不振で、2,000万円あれば買収できる。相手がカリスマ経営者の千種でわかった乾は千種に賭けを申し出る。乾に2,000万円を貸し、乾が2,000万円を返せなければ、千種は乾をどうしても良いというものだ。
 千種は乾の申し出を受けて、2,000万円を乾へ貸した。

2 経営的視点「エンジェルはどこにいる?」
 1990年代末から東証マザーズを始めとした株式の新興市場が誕生し、ベンチャーブームが起こりました。多くのベンチャー企業が株式を上場、公開し、勝ち組経営者を生みました。しかし、株式を上場したり、公開することで資金を集められるのはある程度の経営実績があったり、成長の可能性がある企業だけです。
 千種のように何も持たない若者が、飲食業で起業しようとすれば、資金をどうやって調達するのでしょうか。民間金融機関は事業実績のない企業には個人保証がないと貸してくれません。国民生活金融公庫も審査があり、簡単にお金を貸してくれません。自己資金がもっとも確実ですが、お金を貯めるのは大変です。親や親戚からお金を貸してもらうのも良いのですが、千種は家庭に恵まれておらず、お金を貸してくれる親や親戚はいないようです。
 そんな千種にとって、東野順造に出会ったのが成功の第一歩になったようです。金がないものの能力とやる気のある若者に資金を投資や融資し、将来、成功したときに回収する、東野のような個人の投資家をエンジェルと呼びます。
 エンジェルは自ら経営者として成功し、莫大な個人資産を持っています。しかし、エンジェルは自分で新事業をやるには年を取りすぎ、今度は若者に投資をして儲ける、そんなやり方を取ります。
 それでは自分に投資をしてくれるエンジェルがどこにいるのか? 例えば、自ら起業し、株式を上場して資産を作った経営者や元経営者。上場してはいないものの、オーナー企業の経営者や元経営者。そんな人の中にエンジェルはいます。しかし、エンジェルは自ら宣伝しているわけではないので、この人はと思う経営者へアタックしてみてはどうでしょうか。あなたが優秀で、事業計画が魅力あるものならば、もしかしたらやる気と経営能力以外に何もないあなたに投資してくれるかもしれません。
スポンサーサイト

テーマ : 企業経営 - ジャンル : ビジネス

<< 「ホテリアー」第3話のあらすじと経営的視点 | ホーム | 「私を旅館に連れてって」最終話のあらすじと経営的視点 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


孤独の賭けの最新情報!

このドラマがすごい!気になる最新情報を紹介します! 2007年7月期の連続ドラマ 開始前まとめてチェック「孤独の賭け」なんて、最終回の視聴率4.5%だったらしいですよ。 いやぁ、ハセキョーの破壊力は凄まじいなぁ。 今回最


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。